ドローンの本来の使い道

ここ数年で、メディアに多く取り上げられることでドローンの存在は多くの人に知られるようになりました。しかし、バラエティ番組などで取り上げられることが多い為、ドローンをただのラジコンヘリとしか思っていない人も多いのではないでしょうか。そんなドローンの本来の目的を調べてみたいと思います。
まずはドローンの概要です。ドローンとは無人で飛行し、遠隔操作や自動制御が可能な飛行機の総称です。ほとんどの場合、ヘリコプターのようなプロペラがついており、空中で静止することも可能です。たいていの機体がカメラが搭載されており、カメラによって映し出される映像を見ながら、操作することができます。
それでは、ドローンの本来の目的はどんな目的だったのでしょうか。歴史を遡るとドローンの歴史は意外に古く、第二次大戦まで遡ります。最初は、軍事目的の道具として開発が進められ、爆弾を乗せた機体を遠隔操作し、敵に命中させることが目的の兵器でした。大戦中に完成はしなかった為、実際には使われませんでしたが、引き続き軍事目的の道具として開発が進められました。徐々に、攻撃目的から離れた場所への偵察目的として研究されるようになり、カメラが設置されるようになりました。
実際に、軍事目的の道具として使われてきたドローンですが、徐々に民間の利用がされるようになりました。その主な利用方法は農薬の散布です。意外にもその先陣を切っていたのが日本での利用でした。当時、民間利用の約6割が日本での利用でした。さらに、改良が進められ小型化されていき、さらに撮影機材の性能が向上していくと、報道業界や趣味の領域にまでドローンの利用が広がってきました。今まで登頂が困難だった山頂からの景色や、普段生活している街を空から見た景色など、一般の方でも簡単に航空写真を取ることができます。最近では、インターネットで簡単に購入することができるので、個人でも気軽に楽しめるようにもなりました。
このようなドローンの今後の可能性としては、災害現場での利用が期待されています。地震や土砂崩れなどでは道路が塞がってしまい、現場に行くことさえ困難な状況になることが多くあります。そんな場合に、空路でいち早く災害現場に向かい、現場の状況の分析や要救助者の捜索までをすることがドローンの活用で可能になります。これまでは、趣味や娯楽の色が濃かったドローンも今後は人命救助に必要な道具として不可欠になる日ふ近いのではないでしょうか。

ドローンの必要性

世の中に初めて、ドローンが認知された時は、とても注目されました。
動画視聴サイトにも、その動画がアップされて人気を呼んだ経緯があります。
ドローンにカメラを付けて上空から、街の動きを撮影した映像です。
街の動き、人の動き、車や交通の動きなど、普段、私達が見ることが少ない細かな動きを見ることができるのが、とても魅力があるのかもしれません。
人がまるで鳥になったような感覚で捉えることができるのが、いいのかもしれません。
しかし、一方では問題視されてことも事実です。個人のプライバシーや秘匿性の高い場所に対する漏洩です。
この数年、情報漏洩に対する意識が高まっている中、ドローンによる漏洩が問題とされています。
とは言うものの、ドローンの価値は刻々一刻と高まってきています。
それはドローンの利用価値がとても高いからです。
その潜在需要は計り知れないものが、あるようにも思えるのです。
空撮による動画撮影は、人が入り込むことができない場所への立ち入りでは、とても大きな威力を発揮します。
例えば、災害現場における利用です。
このような発生現場では、確実で迅速な状況把握が求められてきます。
しかし、人が立ち入るためには、二次災害や副次的な災害を避けるために、災害の沈静化を待って、対処する必要があります。
しかし、ドローンの利用については、このような懸念がありません。
迅速な対応が可能なのです。
また、平常時でも、その利用価値は高いと言えます。
空撮にて、広範囲での監視や状況把握も可能だからです。
交通分野に目を向けてみると、都市交通の中で、渋滞や事故を確認することができます。
監視という観点からすると、街の至る所に監視カメラがあります。
これらの設備も一定の効果はがあります。
危険予知も含めた事件、事故の防止の抑止効果です。
しかし、これらの設備による運用は、地域限定的なもので、広範囲による監視や状況把握の場合、や針ドローンが大きな存在感を示すようになります。
これらの動きをつかむためには、地では実に大規模なものとなってしまいます。
コスト的にも運用面においても、非情に大きな手負担を強いられることになります。
ドローン場合は、一機の運用で大規模設備に匹敵する効果を生み出す可能性を秘めていると考えられるのです。
したがって、ドローンの用途については、キチンとした利用目的を明確にして、運用ルールの基に稼働させることで、本来の価値を見い出せることと思うのです。

ドローンの未来は無限大です

今は多くの人がドローンの存在を知っていると思いますが、ドローンを知るきっかけとなったのは、殆どの人が悪いニュースからだと思います。
一時期ドローンに因る事件事故が多発して、毎日のようにニュースで取り上げられていました。
悪いニュースでドローンの名が知れ渡ってしまいましたから、殆どの人はドローンに対して良いイメージを持っていないはずです。
しかしドローンと言うのは、決して悪い事にばかり使う物ではないのです。
寧ろ人間にとって大いに役立ってくれる、ありがたい機械であると言えます。
ドローンの可能性は無限大であり、これから将来に渡って多くの場所で使われていくはずです。
ドローンが今現在最も多く使われている場所と言えば、それは空撮だと思います。
これまで空撮と言えばヘリコプターが使われてきましたが、ヘリコプターは大型で音が大きいので、空撮できる場所が限られてしまいます。
ですがドローンは小型な機体な上に音が静かですから、これまでヘリコプターで空撮が出来なかった場所でも、空撮が出来てしまうのです。
ドローンは小型で安価なので、これまで空撮が出来なかった一般の人でも、プロ並みの空撮が出来るようになりました。
ですから最近は、一般の人が撮ったとは思えないほど迫力のある動画が、動画サイトに多数アップされるようになりました。
またドローンは小型で静かに飛行できるという特性を生かして、偵察などの軍事目的にも使われて来ています。
更に将来的にドローンは、空を利用しての運送に大活躍しそうです。
ドローンを飛ばしてモノを運送するようになれば、渋滞などに巻き込まれずにモノを運ぶ事が出来ますから、スピーディーで正確な時間に目的地にモノを運ぶ事が出来るようになるはずです。
ドローンを使ってモノを運べるようになれば、道路を走るトラックの数も減らす事が可能になりますので、渋滞解消にもつながる事になります。
また今後ドローンは、災害時の人命救助にも活躍しそうです。
小型のドローンならば、狭い場所でも入って行けますから、これまでヘリコプターでは救えなかった命も、救う事が出来るようになると思います。
その他にドローンは、建設現場での利用も考えられているのです。
ドローンを使って建設資材を高い場所に運ぶようにすれば、人間が運ぶよりも工期を短縮する事が出来ると考えられています。
この様にドローンと言うのは、これから色々な場所で活躍する事が期待されていますから、徐々にドローンに対する悪いイメージが良いイメージに変わっていくと思われます。