ドローンの必要性

世の中に初めて、ドローンが認知された時は、とても注目されました。
動画視聴サイトにも、その動画がアップされて人気を呼んだ経緯があります。
ドローンにカメラを付けて上空から、街の動きを撮影した映像です。
街の動き、人の動き、車や交通の動きなど、普段、私達が見ることが少ない細かな動きを見ることができるのが、とても魅力があるのかもしれません。
人がまるで鳥になったような感覚で捉えることができるのが、いいのかもしれません。
しかし、一方では問題視されてことも事実です。個人のプライバシーや秘匿性の高い場所に対する漏洩です。
この数年、情報漏洩に対する意識が高まっている中、ドローンによる漏洩が問題とされています。
とは言うものの、ドローンの価値は刻々一刻と高まってきています。
それはドローンの利用価値がとても高いからです。
その潜在需要は計り知れないものが、あるようにも思えるのです。
空撮による動画撮影は、人が入り込むことができない場所への立ち入りでは、とても大きな威力を発揮します。
例えば、災害現場における利用です。
このような発生現場では、確実で迅速な状況把握が求められてきます。
しかし、人が立ち入るためには、二次災害や副次的な災害を避けるために、災害の沈静化を待って、対処する必要があります。
しかし、ドローンの利用については、このような懸念がありません。
迅速な対応が可能なのです。
また、平常時でも、その利用価値は高いと言えます。
空撮にて、広範囲での監視や状況把握も可能だからです。
交通分野に目を向けてみると、都市交通の中で、渋滞や事故を確認することができます。
監視という観点からすると、街の至る所に監視カメラがあります。
これらの設備も一定の効果はがあります。
危険予知も含めた事件、事故の防止の抑止効果です。
しかし、これらの設備による運用は、地域限定的なもので、広範囲による監視や状況把握の場合、や針ドローンが大きな存在感を示すようになります。
これらの動きをつかむためには、地では実に大規模なものとなってしまいます。
コスト的にも運用面においても、非情に大きな手負担を強いられることになります。
ドローン場合は、一機の運用で大規模設備に匹敵する効果を生み出す可能性を秘めていると考えられるのです。
したがって、ドローンの用途については、キチンとした利用目的を明確にして、運用ルールの基に稼働させることで、本来の価値を見い出せることと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です